花や緑に囲まれて眠る!ガーデニング霊園ってどんなお墓?

2020年12月4日 by

屋外型ガーデニング霊園と室内型ガーデニング霊園

ガーデニング霊園には屋外型と屋内型があります。屋外型ガーデニング霊園は一般的な霊園と同じように屋外に墓石が置かれていますが、その周りを花や緑を植えて美しくデコレーションするのが特徴です。お墓の構造も花が育ちやすいように工夫されていることが多く、美しい花を咲かせることができます。また、お墓の周りだけでなく、霊園全体が美しいガーデンとして演出されているところもあります。噴水やガゼボ、バラ園など、まるで天国のような美しい景観が広がっているガーデニング霊園は、お参りする人にとっても癒しになります。

屋内型ガーデニング霊園は、屋内に花や緑で美しく整備された空間が広がっているのが特徴です。納骨堂や墓石も室内にあるので、雨の日でも足元を気にせずお参りできるのも利点です。解放感という面では屋外型ガーデニング霊園の方が勝っていますが、ガラスの天窓から光が差し込むなど明るく爽やかな環境です。

ガーデニング霊園と他の霊園の違い

霊園というと、暗くて少し怖い場所というイメージがありますが、屋外型ガーデニング霊園はそのようなイメージとは真逆の明るいイメージの場所です。しかし、一般的な霊園なら墓石だけで完了ですが、周りに花を植えるためそのぶん設置費用が高くなります。また、花を美しく咲かせ続けるためには維持費もかかるため、他の霊園よりも維持費が高くなることがほとんどです。花の管理も含め、ガーデニング霊園を維持できるかどうか考えたうえで購入するのが賢明でしょう。

霊園のことならいせや